ハワイ、ワイキキでコンドミニアムを買う!  

Translate

3/23/2017

今、コンドを売却するとどうなるか。

所有しているハワイのコンドと比較できる売り物件を見つけたことがあります。その物件の売値と比較すると、値上り率は13%程度です。

この数字をもとにコンドを売却したらどうなるかを考えてみます。

売却した時の税金がどうなるかは以前に検討したことがあります。買った価格と今売れそうな価格を比較すると、差額は5万ドルぐらいになります。では、この金額がそのまま利益になるかというと、世の中そんなに甘くありません。

売却する時に、手数料を負担しなければなりません。40万ドルで売れると、6%分の2万4千ドルを手数料で支払うことになります。ただ、この分は、売却費用になるので、利益から差し引くことが可能です。また、毎年の損金が累計で5万ドル以上あります。手数料と売却手数料だけキャピタルゲインの課税がないことが分かりました。

一方で、減価償却してきた分は、Depreciation Recaptureと言って、売却時に課税されます。減価償却の累計は4万ドルぐらいあります。なので、25%を掛けると1万ドルが税金となります。

単純な売却益が5万ドルとして、そこから手数料とDepreciation Recaptureを足した3万4千ドルを差し引くと1万6千ドル。でも利益は、これだけではありません。家賃収入でローンを支払っているので、ローン元金が減っています。年間4,500ドルぐらい減るから累計で2万ドルぐらい減っています。これは利益になります。そうすると利益が3万6千ドルになります。

どんぶり勘定もいいところなので、多分ですが、投資に対して3割ぐらいのリターン?という読みです。でもこれはアメリカに限った話です。日本は毎年の損金を自分の収入と合算しているので、計算のベースが異なります。また勉強が済んだら、ブログでまとめてみたいと思います。

補足: Depreciation Recaptureは、減価償却を通常の収入から控除していた分を資産売却時に課税するということなので、私のように控除する収入がない場合は、課税がないのかも知れません。そうすると、1万ドルも利益になります。

3/22/2017

「ハワ恋」が終了?

録画のタイトルだけ見ていたのですが、「ハワ恋」が終わってしまうのですね。メンバーが新しくなってそんなに時間は経っておらず、放送時間が少し前に変わったばかりなのdに・・・。

TwellTVは、新しいハワイをテーマにした番組を企画しているのでしょうか?タイムリーな情報が必要な番組ですから、ハワ恋の再放送は意味がないですね。

それにしても「ハワイに恋して」が6年以上続いていたとはちょっと驚きでした。月に2本の番組でしたが、毎回楽しみにしていました。ハワイの空気を感じられる、週に一度の癒やしの時間でした。出演者と制作スタッフの皆さま、お疲れ様でした。新しいハワイ番組を期待しています。

3/21/2017

Konishiki House

これまで何度もテレビに登場している小錦さんの豪邸が紹介されていました。ご本人がいなくてもとんねるずがテレビで使っていたこともありました。場所は、オアフ島の西側です。



地図を載せても問題ありません。実際にレンタルに出ています。

テレビでは、4億円で購入とのことで、レンタルの紹介でも小錦邸となっています。登記上、小錦さんの名前になっていますが、ハワイアンネームでの登録になっているようです。小錦さんは、現在日本人のはずですから、法律上どういう扱いになるのかが気になります。土地区画は二つに分かれていて、合わせて3百万ドル強の評価額です。この現実は、オアフの西側で不動産の値上りを期待するのは、難しいことを示しているのかも知れません。

レンタル情報に、1泊の料金は書いてありません。30万円ぐらいで借りられるのでしょうか。実際の金額が気になります。