ハワイ、ワイキキでコンドミニアムを買う!  

Translate

1/14/2018

小倉優子のハワイの別荘?

某ニュースに小倉優子さんがハワイの別荘を売却していたという記事が出ていました。読んでみると不思議な感じがしました。

ウィンドウACが故障

ハワイからの年初の連絡は、ウィンドエアコンの故障でした。テナントからの報告で、温度が上がらないとのこと。昨年は何も起こらなかったので、そろそろ何かあるかもと思っていたところでした。そう思ったのが悪かったのか・・・。

1/01/2018

謹賀新年。

昨年は、テナントが代わることなく、故障や修理の事故もなく、安定した一年でした。トラブルが起きずブログのネタがないという恵まれた?状況ではなく、更新頻度が大幅に少なくなっているというジレンマに陥っていると言った方が良さそうです。

年が明けると、まずは、ハワイ州のGETを支払い、タックスリターンに突入します。実は、クリスマスの週末に収支に関するデータの入力は完了しました。なので、後は、ローンの利子負担の通知が来れば、数字が揃います。そうすると、確定申告もタックスリターンも完成します。

今年の目玉の予定は、2013年のコンド購入から5年が過ぎることです。5年過ぎると、売却時の日本における譲渡税の負担が軽減されます。バブルの反省による法律がハワイで購入した不動産に適用されるのはとても不思議に思いますが、個人的には大きな足かせがなくなるわけで意味が大きいです。

マーケットとしては売物の少なさが気になる一方で、アメリカの景気が不動産の価格に影響を与えることは間違いありません。物議を醸している減税は、とりあえず株式市場にポジティブに作用しています。しかし、このまま株価が上がり続けて、景気が更に拡大するかは不透明感が残ります。アメリカの中間選挙やトランプ大統領の運命によっても経済は大きく動く可能性があります。

金利の上昇もあり、ローンを使ってハワイにコンドを買うべきかという判断が難しくなっていることは確かです。しかし、世の中は常に変化し、マーケットは良い時もあれば悪い時もあります。次のチャンスに向けて勉強しておく、心の準備をしておくことはとても重要だと思います。今年もブログをご覧になる皆さんのお役に立つよう頑張りたいと思います。