ハワイ、ワイキキでコンドミニアムを買う!  

Translate

7/19/2017

コンドに消火器を設置します。

マルコポーロの火災はなかなか衝撃的でした。資産の価値があっと言う間に減ってしまうという現実を見たわけですから、改めてリスクを感じざるを得ませんでした。確率は高くない。しかし、万一が起きた時は深刻です。

ホノルル市長は75フィート(22.5メートル)を超える建物にスプリンクラーを取り付ける法律を作る意向を示しています。とりあえずは、5,000ドルの支出は覚悟しておきますが、その間の賃貸がどうなるかが心配です。

古い建物のスプリンクラーが完全に義務化されるか、管理組合に決定が委ねられるか、未知数です。ジタバタしても仕方がないので、先のことは置いておいて、まずは、目の前の対応をすることにしました。

賃貸の部屋に、消火器を置いてもらうようハワイハレリアルティに連絡しました。消化器は大した金額ではないので、これ一本で大きな損害を免れられるのであれば、安い買い物です。賃貸を行っている大家の皆さん、ぜひ設置をお願いします。少しでもリスクが減らせると尚良しです。

7/17/2017

ハワイの高層コンドで起きた火事

モイリイリにあるマルコポーロというコンドで火災が発生しました。APのレポートでは内部の様子が映し出されています。


このコンドミニアムは、アラワイ運河のすぐ北側に建っているコンドです。売り出されているものは30万ドルぐらいからありますが、高層でワイキキと海が見えるユニットは、60万ドルに達し、決して安い物件ではありません。

今回の火災では、まず、ハワイの古いコンドミニアムにはスプリンクラーが設置されていないと再認識しました。どうしても費用負担の問題があるため、法律で義務化するまではできないでいるというのが現実のようです。

調べてみると、スプリンクラーの設置費用は、1平方フィートで10ドルという数字がありました。500平方フィートなら5,000ドルが負担になります。また、コスト負担だけでなく、天井や壁に穴を開ける工事が必要になるため、その間住めなくなるという問題が生じます。簡単に解決できる問題ではないのが頭の痛いところです。

火災が起きた場合は、建物の自体は共用部分になるので、コンドのHOAが掛けている保険でカバーされるようです。保険でカバーできなかったら、残りは、自分の部屋に損害があってもなくても、すべての所有者で負担を分け合うことになります。

そしてビデオに出てきていますが、火災の影響を直接受けなかった上の方の住戸でも煙で真っ黒になっていることが分かりました。物が燃える時にでる灰やすすは黒くするだけでなく、臭いも強烈です。ベッドやその他の家具、衣類などはまったく使えない状態に違いないと想像します。自分の部屋の内装やダメになった物は、所有者自ら対応するしかありません。思わぬところで、保険の価値を思い知った気分です。

7/08/2017

ハワイ GETをオンラインで納税する方法

ハワイの税務局がウェブサイトを新しくしてから、申告期間がデフォルトの6か月になったため今年の上期のGETの支払いを行いました。

かなり前からやろうと思いながら、公開していませんでしたが。ログインした後の画面を記録してGETをオンラインで納税する説明を書き込みました。最初のフォトをクリックしてスライド方式で見ていくと納税の仕方が分かります。

GETの支払いをエージェントに依頼していて興味のある方は参考にしてチャレンジしてみるのは如何でしょうか。